S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常 第3話 私はセックスギャラリーのマスターに引き取られました あらすじ・ネタバレ

\画像をタッチして作品を見てみる♡/

▲登録不要で無料試し読み▲

 

S家に嫁いだM嬢の日常
第3話 私はセックスギャラリーのマスターに引き取られました あらすじ・ネタバレ

「では、膣からの出題だ。」と、膣内を擦りながら出題する医師。「ではここは?」とGスポットまで刺激され。「しょこ…しゅきぃぃ…!!!もっと…!擦って…!!」と、思わずアヘ顔で懇願する。しかし正確に「小前庭線ですっ!」と回答するM嬢、メリー。

今のところ全問正解だ。と、ご褒美にGスポットを刺激され、潮吹きさせてもらう。

時には肉体的に辛いS家の「教育」だが、M嬢メリーは喜んでこれを受け入れていた。その理由は、メリーがS家に嫁ぐ前に遡る。

メリーは何もない路地裏に住んでいた。寒さに震え、教会で僅かな食料を分け与えてもらい、先のことは何も分からない、何もない日常だった。

ある日、アートディーラーで移動式のギャラリーのマスターだという男性に声を掛けられた。何もない私に「その身を私に預けてみないか?」と提案してくれた。

マスターに連れてこられたテントでは、甘い香りの中で何人もの男女が絡み合っていた。息を見出し、恍惚の表情を浮かべ、腰を揺らし、艶やかな声をあげていた。

メリーは、見てはいけないものを見てしまったような気持ちだったが、マスターは「快感を教授する姿のなんと美しいことか」と言う。本能のままに快楽を貪る人間の姿がたまらなく好きで、理解ある人間に限定して移動式のギャラリーとしてコレクションを見せているらしい。そして「君も私のギャラリーに加わらないか?」と聞いてきたのだ。

元より何も持たないメリーは、好奇心が勝り二つ返事で承諾した。

 

\画像をタッチして作品を見てみる♡/

▲登録不要で無料試し読み▲