S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常 第2話 お医者様の先生と女性器について勉強しました あらすじ・ネタバレ

 

\画像をタッチして作品を見てみる♡/

▲登録不要で無料試し読み▲

 

S家に嫁いだM嬢の日常
第2話 お医者様の先生と女性器について勉強しました あらすじ・ネタバレ

M嬢の乱れっぷりに、馬まであてられてしまい、馬が暴走した。激しく上下する馬の背の上でイキまくってしまったメリー。腰をガクガク言わせながら、なんとか助けられるも、その日の馬上訓練はこれ以上は出来なそうだった。

ふと、目の前の厩舎係を見ると、股間を膨らませており、彼がメリーの相手をすることになる。メリーは、その巨乳で厩舎係のチ〇コを挟み込み、気持ちよくしてやる。「旦那様を気持ちよくすることを考えれば、おのずと奥様も気持ちよくなれますから。」とアドバイスされ、チ〇コに目を輝かせながら、厩舎係に奉仕するメリー。

もう一人の女性教育係に、乳首を強めにつまみ上げられて、思わず喘ぎ声を上げてしまう。「ついでに乳首だけで達してみましょうか」と、厩舎係のチ〇コをおっぱいに挟んだまま、強めにきゅうきゅうと締め上げられた乳首で、達してしまった。ビクビクと感じながら、腰もうねる、いいイキっぷり。

チ〇コが欲しくてたまらないメリーだが。午後の授業に差し支えると言われて与えてもらえない。

午後は、医学の授業だ。前回で座学は終了し、今回から実技だという。「実技…?」と不安がるメリーに、「難しいことはないよ。この台に座りなさい。」と、メリーのおま〇こを広げながら「体の部位を感覚で覚えるのだ」という医師。

午前中の授業で既にトロットロになっているおま〇こを見られながら、「ここは?」と1つ1つ聞かれていく。クリトリス、大陰部、小陰部…。おま〇この次は、アナルの中も見られながら、中を描き回されて、筋肉まで確認される。そして、おしっこが出るところまで…。

「あああぁぁぁあっ…!ダメ!!おしっこ…でちゃ…ぅ!」

と、ぷしゃあぁぁぁあぁ…!とキレイな軌道を描いて放尿してしまうM嬢、メリー。

 

\画像をタッチして作品を見てみる♡/

▲登録不要で無料試し読み▲